治療が長引くことがあります

うつ病になると、体がだるい、よる眠れない、食欲がない、めまいがするなどの身体的症状や集中力がなくなったりします。

特に、夜眠れないとか、物事を悲観的に考えたり、何をするにもおっくになったりするなどの精神的症状がみられたら、クレアギニンEXの副作用じゃない限りうつ病を疑いましょう。

うつ病は本人も周りもあまり気づかないため、そのまま放っておかれることが多い病気ですが、うつ病がひどくなると、治療が長引くことがあります。

そのため、うつ病かもしれないと思ったら、早めに病院に行くようにしましょう。

うつ病の診察を受けるには精神科、心療内科、神経科、神経内科など病院にはさまざまな科があります。

なので、何科にいったらいいのかわからず迷っている人は、まず精神科や心療内科に行きましょう。

精神科や心療内科は病院だけでなく、診療所やクリニックもあります。

インターネットで調べると情報がいろいろ出てくるのでチェックしてみるといいでしょう。

また、保健所でも相談・紹介を行っているので、そこに行ってみるいいかもしれません。

うつ病になると外にでることがおっくうになるので、病院や診療所、クリニックを選ぶときは行きやすいところを選ぶといいでしょう。

うつ病の治療は1、2回行って終るわけではありません。

半年から1年は通院することになるので、自分に合った病院、医師を選びましょう。

うつ病の治療には、医師との信頼関係が大切なポイントとなります。

医師が人間として信用できなければ、医師の治療や指導に不信感を持ってしまい、回復が遅くなってしまいます。

医師をチェックするときは、あなたの話をきちんと親身に最後まで聞いてくれるか、あなたの疑問にちゃんと答えてくれるか、薬の副作用についてしっかり説明してくれるかなどに注意しましょう。

うつ病の治療は休養と薬物療法、そして精神療法があります。

薬物療法では抗うつ薬を使用します。

抗うつ薬は効果が出始めるのに数週間かかります。すぐに効果が出ないからといって心配したり焦ったりしないようにしましょう。

治療法や医師の指導に疑問を感じたら、不安にならずに、医師に質問するようにしましょう。

うつ病かなと思ったらまずは診察してもらいに行きましょう。

風邪をひいたら内科に行くように、うつ病になったら精神科や心療内科に早めに行きましょう。

うつ病も風邪と同じで早期発見、早期治療が大切です。

クレアギニンEXの副作用じゃなければ、うつ病は誰でもなる可能性のある病気なので、診察に行くことに対して身構える必要はちっともありません。